トイレの詰まり、修理に掛かる料金の相場はいくらくらいなのか

トイレつまりで業者を呼ぶ時って一番気になるのが料金ですよね。初めてだしあんまりにも高い金額なら無理だし、料金ってだいたいどれくらいかかるのよ?って方凄く多いと思います。

料金が安い業者を選ぶにあたってどこが良いの?っていう事なんですが

トイレつまり業者の料金相場って大体いくらくらいか気になると思いますがつまり修理の相場は最低でも2万~5万円くらいしますよ。

っていうのはココで紹介しているトイレ詰まりの状態はティッシュとかそういった詰まり(簡単に直せるつまりの状態ではない)事なので自分でもやってみたけど直らないトイレの詰まりの時は最低でもこれくらいの料金はかかるって思ってたほうが良いですね。

トイレつまり料金相場画像

それでこんなに高い理由は何なの?って言う事ですが、素人には直せない技術を持った修理屋が修理するからです。←当たり前ですね。

もっと具体的に言うと

例えばあなたが虫歯になり歯医者に行きますよね。その時、自分で治せないから歯医者に行きますよね。単純に口が臭いならマウスウォッシュや歯磨きで対応できると思いますが状態が深刻となればそれはプロに頼むと思います。

それと同じという事です。

トイレの詰まりの状態が深刻な場合はトイレを外して配管の奥に詰まった異物を取り除く作業をする事になります。

カメラとかを入れて詰まりの確認をするときは便器脱着は確実ですね。

便器を取り外したらいくらくらいかかるのか?っていう事についてはこちらの記事の文中でも書いていますので参考にしてください。

料金を安くする方法

トイレの修理を業者に依頼する際、複数の業者から見積もりを取っていけば、どんどん安くなっていく・・という都市伝説的なものがありますがそんなことありません。

例えば「A社は5万円って言っていたのでそれ以上かかるならお断りします。」と言ってC社には「B社は4万円と言っていたのでそれ以上かかるならお断りします。」D社には「C社は3万円と言っていたのでそれ以上かかるならお断りします。」

こんな事を続けていても絶対に安くはなりません。

それが通用するなら最後は無料になりますよね(笑)

ただ料金を安くする方法はあります。

それは業者さんも人間ですから感情があるので丁寧に接して仲良くなれば言い訳です。

要はコミュニケーション。

人間は他人に優しくされるとお返ししたくなるものですから、お茶とかあげたり接していけば”信頼”ができるので作業スタッフのサービス精神が向上するわけです。

最終的には信頼なんです。

双方に信頼こそあればトラブルがおきません。

クリーンライフ

営業時間:24時間365日
料金:水回りの修理2,500円~

check2-7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする