トイレはなぜ詰まるの?これを見たら一発で分かる!トイレつまりの原因

家のトイレが良く詰まる。
そんなことありませんか?

トイレの詰まりの原因にはいくつか考えられることがありますが、原因となるのが2つ。

まず、水の流れが弱い事とトイレの構造で配管が小さい可能性がある。

この2つのどちらかが当てはまると本当によく詰まるので厄介です。

では詰まりを防止するための改善方法を探っていきましょう!

トイレの水の流れが弱い場合の解決方法

トイレの水の流れが弱い場合は、止水栓を調節してみましょう。

止水栓は壁とトイレを繋いでいるトイレの水道蛇口なのでトイレの裏辺りを確認すると見つかるはずです。
こんな感じのタイプが多いかもしれません↓
止水栓-300x133

これをマイナスドライバーで回して水の流れの水圧調整をすることで水がタンクにも早く水が溜まるので2度流しなど可能です。

トイレの構造で配管が小さい場合の解決方法

トイレの構造で配管が小さい場合は結構厄介です。

結論から言うと「トイレ交換が必要」

トイレの構造ってどうなってるの?って言ってもわかりにくいと思うのでキッチンの排水パイプで例えてみるとイメージしやすいんじゃないかな。

paipu

実はトイレの中、汚物が流れていく部分ですがこのようにS字型になっており、つまりやすいです。

この画像を見てもわかるようにこの部分で詰まったらラバーカップでも中々解消するのは難しいですよね。

自分で解消するにはハンガーでグリグリやると届くかもしれませんが、構造自体が複雑なので届かに可能性も高いです。

そうなると、距離の長いワイヤーを入れて高圧洗浄をかけるなどの必要性があります。

そして、先ほども言ったようにトイレ交換も検討したほうが良いって事です。

こんなにもトイレの配管が小さければ何度も何度も詰まると思うので配管の大きなトイレに新しく交換すればトイレを快適に使えますよという事ですね(^^)

トイレ交換についてはこちらの記事も参考にして下さい。

トイレ交換で安い業者を探している。安くて綺麗なトイレにリフォームしたい時はご相談に乗ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする