トイレつまり修理にかかる時間はこのくらいだ!~作業内容別にご紹介~

トイレのつまりの修理にかかる時間ってどれくらいか気になりますよね。

早く修理してもらって出かけたい!

こんな事もあるかと思います。

ではトイレの詰まり具合でどれくらい時間がかかるのかっていうのを紹介したいと思います!

ちなみに作業時間がかかればかかるほど大変難しいつまり解消の作業になるので時間と比例して料金も高くなる可能性がありますので参考にして下さい(^^)

まずトイレつまりの作業で一番早いのが、トイレットペーパー詰まりです。

トイレットペーパーの詰まりならラバーカップを使って解消しますが、業者はラバーカップは使わずローポンプを使って作業します。

ローポンプは圧力をかけて詰まりを解消するのでラバーカップよりも解消の確率が高いので。

ローポンプを使ってうまくいけば15分程度ですね!

もう一つトイレットペーパー詰まりの解消方法で薬剤を使って解消する方法がありますが、その場合はペーパーを溶かすまで確認作業まで必要なので30分~45分程度です。

状況がひどい時は1時間半~3時間

例えば、トイレに流せないものを流した場合トイレを外す作業をするので1時間半~2時間程度かかる時があります。

また高圧洗浄を行った場合も時間は1時間半~2時間程度かかります。

そしてトイレと繋がっている外の下水から水や汚物が溢れて逆流してきている場合はさらに大掛かりな作業になるので3時間程度見ておかなくてはいけません。

一般的なトイレ詰まりの修理にかかる時間は1時間程度と考えていて良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする