【動画解説付き】diy好きお父さんなら直せるトイレの水漏れ修理方法!~トイレ水漏れトラブル全般対応の修理業者もご案内~

064959

トイレの水漏れトラブルは意外と多く、トイレの構造も複雑なので結構業者に頼んでしまいがちなのですが自分で直せる場合もあります。

正直、ネットで書かれているトイレ水漏れの修理についての情報は文章も長く読むのも疲れるし、専門用語とか書かれていても良くわかりずらいじゃないですか?

動画の方が分かりやすかったので俺が推奨するトイレ水漏れ修理の対処方法をご紹介しますね(^^)

こちらの記事を読んでいる女性の方には、あまりおすすめできませんが男性のあなたならきっとできますのでまずは、読んでみて参考にして下さい!

あ!ちなみに家族とかいるお父さん、直したら子供や奥さんに「さすがパパやわ。凄い(^^)カッコいい( ;∀;)」って言われたいですよね。見せどころですよ。

この記事を参考にしたとは誰にも言いませんよww

水漏れが多いトイレタンクの中の構造、仕組みを知ろう!

トイレの水漏れを自分で直す場合、トイレの構造の仕組みを知っていて修理するのと知らないで修理するのでは全く違ってきてトイレ構造の仕組みを知っていれば分かりやすく修理をしやすいのでまずはトイレの構造の仕組みからです。

長い説明書を書いて教えるよりこちらの動画を見る方が分かりやすいので一度目を通してください。
それからトイレの水漏れの原因に合わせた対処方法をご紹介していきます。

トイレの構造について知識を得たら実際に修理をしていきたいと思いますがトイレのタイプメーカーによってパッキンやチェーン、バルブ、フロート弁などの部品が違う時があるのでメーカー別に参考にして下さい。

トイレタンクの水が止まらない時の対処方法~TOTO編~

トイレの水が止まらない時焦る気持ちは分かりますが、落ち着いてこの動画を見れば修理ができるのでご覧ください。凄くわかりやすいです。

ちなみにこの動画の内容をざっくりまとめると

  • トイレの水漏れが止まらない原因の殆どがボールタップの修理で解決できる!
  • その為にはラジオペンチ、モンキーレンチ、マイナスドライバー、雑巾が必要な道具
  • 1.マイナスドライバーで止水栓のネジを時計回りに回して水を止める
  • 2.手洗い管から水が出てこないことを確認
  • 3.フロート管の上まで水が溜まってきているようであればボールタップのパッキンの劣化が原因
  • 4.モンキーレンチでナットを外していきますよ
  • こんな感じです。後は細かい部品の説明になるので動画を見た方が分かりやすいです。

    (動画時間7分30秒)

    ボールタップのパッキンを交換した場合のかかる費用は4000円~8000円くらい。バルブ交換の場合はホームセンターで400円で売っています。
    これもトイレのタイプによって部品の料金は変わるのであくまで目安だと思ってくださいね。

    TOTOのボールタップで今主に使われている種類型番・品番はTHYF1A、THYF2A、THYF3A、THYF4AでTHYF1A、THYF3Aの奇数番号はトイレに手洗いがついていない時のタイプでTHYF2A、THYF4Aの偶数番号は手洗いがついているトイレの部品です。

    トイレタンクの水漏れの時の対処方法~INAX編~

    この動画で水漏れ修理できる内容はINAXのフロート弁交換方法を説明している動画です。

    基本的にはトイレ水漏れの修理手順はTOTOと同じですがパッキンやバルブ交換にかかる部品が違ってくるので確認が必要です。

    トイレ水漏れ修理 フロート弁 交換方法(作業編)

    ちなみに
    トイレの水漏れがチョロチョロ出る原因は殆どフロート弁の故障やパッキンの劣化などに原因があります。

    トイレ止水栓、給水管から水漏れしている時の対処方法~パッキン交換~

    トイレの水漏れは止水栓や給水管からの水漏れしているトラブルも多いです。この場合は、パッキン交換が必要なのでパッキン交換方法を動画で見ていきましょう!

    トイレ給水管のパッキンの値段は100~500円程度です。

    トイレの床が濡れている!便器と床の間から水漏れしている時の対処方法

    トイレの床が濡れている!よく見たら便器と床の間から水漏れしている・・まずいな~と思った時はこの動画です。

    「トイレ便器と排水管をつなぐパッキン(パテ)の交換修理」(動画時間23分)

    便器と床の間のパッキン取り換える必要があり一度、便器を取り外しす大掛かりな作業になるので結構難易度が高いので自分で直せるかと言えば・・・(´・ω・`)です。

    ですが、それでも自分で直すんじゃぁ!!!という方は参考になるのではないでしょうか。

    床が濡れるとアパートやマンションの賃貸物件の場合、下の階の部屋へ水漏れしてしまう可能性があるので早めの対処が必要になりますよ!

    ウォシュレットからの水漏れ修理方法

    トイレのウォシュレットからの水漏れがした場合の修理方法をご紹介します。

    俺が分かりやすかった!と言うのがこの動画!

    温水洗浄便座の水漏れ修理方法

    ウォシュレットの構造は複雑だけどこの動画を見れば初心者でも修理しやすいと思います(^^)/

    ウォシュレットの取り外し取り付け方法

    引っ越しシーズンに問い合わせが多かったウォシュレットの取り外し取り付けのご依頼。

    これも動画でわかりやすいのがあったので載せておきますね( `ー´)ノ

    トイレの水漏れが自分では直せない場合

    ここまでトイレの水漏れの直し方をご紹介してきましたが、修理に必要な道具がないから修理ができない、動画を見たけど自分で修理するのは時間がないしちょっとめんどくさいなーっていう方は、トイレの水漏れをしてくれる修理屋さんに頼みましょう。

    ちなみに業者を呼ぶ時、修理内容がパッキン交換だけの場合は業者さんに依頼しない方が良いですよ。

    理由はパッキンの値段でも書きましたけどパッキンの相場が100円~500円程度と格安ですよね。パッキンの個数にもよりますけど大体がこれくらいの値段でおさまります。

    そこでトイレ修理屋さんに修理を頼んだ場合、材料費が多くて500円程度しかかからないのに修理屋さんがわざわざ遠いところから来て修理する価値がないんですね。

    利益がないどころか交通費も含めたらマイナスの大赤字ですよ。

    基本的にトイレのパッキン交換のみの修理は受けない業者さんが多いですがそれでも自分で直せないから修理を頼みたい場合は料金もそれなりにかかるという覚悟を持ったほうが良いですね!

    その他のトイレの水漏れトラブルの場合は対応してくれるので修理を早めに頼んで直したほうが良いですよ。

    トイレの水漏れ修理業者を東京・大阪で探すなら良質の業者はココ

    トイレの水漏れ修理を業者に依頼するならココが良いですよという業者を紹介しますね。



    関東エリア

    関東エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉であれば俺がやっている業者に依頼してください!!

    詳しくはこちらの記事でご覧ください↓

    トイレのつまり水漏れトラブルの修理が安くて良心的な水道修理屋の業者はココ

    関西エリア

    関西エリアは大阪、神戸、名古屋などであれば基本的にクラシアンとかイースマイル、水道救急センターなどが信頼度が厚くおすすめですね( `ー´)ノ
    大手だから料金に大きな変動もないので間違いありません。

    トイレの水漏れ修理にかかる修理代金がいくらか気になる方へ

    トイレの水漏れ修理にかかる修理代金がいくらか気になる方も多いですよね。

    水漏れしている場所にもよりますが自分で修理した場合だとホームセンターで部品をそろえて約10,000円前後。

    トイレの水漏れ修理業者に修理を頼んだ場合だと約2万円前後。

    自分で修理した時のデメリットは手間がかかって時間が大幅にかかる事。

    メリットはそれなりに費用を抑えることもできるという事。

    業者に頼んだ場合は、早いという事ですね。

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする